【楽Press】記事の書き方を試行錯誤してみる

はじめは楽Pressのテキスト通りの書き方で

はじめは楽Pressのテキスト通りに1記事1商品の

紹介で進めていました。

 

1商品についてキーワード選定し、商品詳細を調べて記載しました。

ランキングで人気商品を探してその記事を書くという方法を

実践して数記事書いてみました。

 

これで進めてみたものの、

売れる商品=自分が欲しい商品

ではないので、欲しいポイントや知りたい内容が

ピンと来ず、記事を書くのが苦しくなりました。

 

自分の得意な分野で書いてみる

そこで自分の得意なもの、興味があるものに変えてみました。

その中で売れるものを探しました。

しかし、やはり欲しいものとは違うものが人気だったんです。

何とか自分が欲しいもので人気のものを探して書いてみました。

 

すると、書きやすい!

もともと自分が欲しいので、気になるポイントや知りたい内容が分かります。

自分なら何が知りたいのかを考えると記事の内容も

自然と決まりやすく、無理せず表現することが出来ました。

 

そこから自分の興味のある商品を紹介するようになります。

 

例えば、

「革のリュックが欲しい」と思っていたら

「ランキングで人気+自分が欲しいもの」

を探して、いくつか紹介する。

 

もしランキングになかったり、

レビュー数も少ない、

そういうものでも自分が欲しいと思えるなら

いくつかピックアップして、どれかが読んでもらう人に

ピンとくればいい。と開き直りました。笑

 

名付けて「数打てば当たる!方式」。

 

この中でも反応がある記事があるので、

少しはこの方式が当たってきているようです。

 

今はお悩み系解決方式に挑戦中

アドセンスならお悩み解決の記事だと何でも書けるのですが、

楽天アフィリだとそこから商品紹介へ繋げないといけない。

これが意外と難しいんですよね。

 

だから、

「この商品なら、このお悩みが解決出来る!」

と思える商品を先に探して、

お悩みの需要があるのかキーワード選定を行って

記事を書くようにしてみました。

 

1商品につきアピールポイントがいくつかあるので

複数のお悩みに対応出来たりしますよね。

 

需要のよりある方のお悩みで記事を書いています。

 

これもそこそこアクセスが来ていますので

もう少し書いてみようと思っています。

 

次はもう一度テキストを読み直してみる予定

今は色々と自分なりに記事の書き方を試していますが、

大体自分の書きやすい記事の方向性が分かってきました。

しかし、そうなると自分流の書き方になりやすいのも事実。

 

そこでテキストに立ち戻り、はじめに読んでいた時よりも

知識が付いた状態で、あらためて勉強し直してみようと思います。

 

知識が増えてくると以前は読み飛ばしていたり、

理解出来ていなかったところに気づくことがあるので

「少し進めて、またテキストに戻る」は

おすすめですよ。

 

間違った方向に進んでいないか確認も出来るし、

間違っていたら軌道修正する意味でも

テキストに立ち戻るのは大切ですね。

 

今日の気づき

1.自分が書きやすい方法を試行錯誤してみる

この方法のここが苦手

→なぜ苦手なのか?

→それなら書きやすくするにはどうすればいいのか?

 

試行錯誤しながら自分の得意なものを試してみる。

 

2.自分流になっていないかテキストに立ち戻る

自分の得意なことばかりしていると

基本から外れていることがあるので

テキストを見直して、自分流になりすぎていないか、

間違っていないかを見直す。

間違っていたらもう一度テキスト通りに試してみる。

最近の投稿
プロフィール

プロフィール1

子ども3人の母、みっみです。

2018年7月から本格的にネットビジネスを始めました。

詳しいプロフィールはこちら